ギャンブルもオンラインカジノのようにインターネットが主流!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

インターネットが便利なことは誰もが理解していることですが、オンラインカジノという文化が世界で認知されている今、ギャンブルもこれからインターネットが主流になるのでしょう。但し、日本においてはその傾向はまだまだといった感じです。賭博法がある以上、守られた環境で最低限のアミューズメントとして成立させることが考えだと想定されます。最近、パチスロにいきましたが高いギャンブル性はあまりなく、カジノの面白さを知っている私として物足りなさを感じざるを得ません。そもそも、リアルな環境とインターネットの違いは何のかと考えると自由と制限という表現が当てはまるような気がします。自由とはギャンブルの世界で言うとハウス側(胴元)とプレイヤー側の間ですべて成立し第三者が何かを問うことが無い世界。アメリカのラスベガスでカジノリゾートに行き、ポーカー・ブラックジャック・ルーレットを24時間眠らずにできるかという実験を実施したところ、当然可能でまさにブラックジャックなんかはカードひとつひとつの確認で集中力が途切れることはありませんでした。
ただ一つ言えたこととしてロビーにはスタッフが存在し、決してイカサマをやるわけではなくともどんどんお酒を持ってきたり、勝てば人だかりとなって歓声と嫉妬につつまれるというやはり制限がカジノをプレイするのにもあるなと感じています。さて、ギャンブルがインターネットで主流になるということですがやはり最近のオンラインカジノのブームが物語っていると感じます。今現在ではなんとスマートフォンでもこのオンラインカジノを遊ぶことが可能になっており、自宅の枠を超えてどこでもクラップスもできてしまう環境が整ってきました。今現在、iphoneなどでプレイが可能なオンラインカジノですがウィリアムヒルカジノ、32redカジノ、ベラジョンカジノ(こちらのカジノは信頼度が未だ不明)が一覧に入ってくると思われます。

オンラインカジノで熱くスロット、麻雀、ルーレットなどを自宅で行えるためのギャンブルがインターネット化していくための考察です。

  1. まず日本においてギャンブルに対する法の改正をすること
  2. ギャンブルが女性も宝くじのように流行ることを証明すること
  3. インターネット上での個人認証の環境が整うこと

このあたりが出来てくれば、パチンコやパチスロ、競馬もインターネット上で成立してしまうのではないかと私は考えます。ところでオンラインカジノはこのような環境が揃っているのかとうことをあるおすすめオンラインカジノで研究してみました。まず1については日本においてはグレーゾーンということになります。賭博法の考え方で言うと国内での金銭の授受ということになるので胴元は明らかに海外となり、罰せられるわけでもありません。従ってある意味オンラインカジノはクリアとなります。次に2について。実はスピンパレスカジノというサイトは女性の比率がとても多いということが分かっています。ウィリアムヒルカジノもジャックポット獲得情報をみると毎回女性の比率が2割くらいはあるのです。実際に銀座で宝くじ売り場に並んでいる女性の数を見れば実はギャンブルに対する女性の積極的な姿勢が伺えます。寧ろ、嫌がられているのはその環境、例えば煙草とか汚いブルーワーカーとか、それが駄目なんでしょうね。3についてはセキュリティー含め信頼の実績があるオンラインカジノであればかなり厳しいです。場合によってはパスポートなどの提示を求められるわけですから。

ということで日本のカジノ法案が可決されるというニュースを聞きますがその前に1~3についてしっかり考えることが日本のギャンブルには必要と私は考えます。

2013年11月28日 | カテゴリー : カジノ | 投稿者 : admin